オメガ3の効果


関連サイト

不飽和脂肪酸の一種・オメガ3について




青魚を多く摂取する民族には自己免疫疾患の発生率が少ない事は比較的古くから知られており、その要因として青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の効果が考えられて来ました。

最近の研究では不飽和脂肪酸の中でも、オメガ3と呼ばれる構造の脂肪酸が大きく寄与しているのでは無いかと注目を集めています。

実験上はオメガ3の摂取による血中の脂質濃度の低下が証明されており、高脂血症や動脈硬化等の予防といった効果も期待されます。

一方で青魚等においても、脂質全体の占めるオメガ3の比率は決して多くない事も判明しています。

その為、健康効果を期待出来るだけの充分な量を摂取する為には、サプリメント等の利用も推奨されるようになっています。

参考:オメガ3 脂肪酸





積極的に摂取するべきです

オメガ3は不飽和脂肪酸のひとつで、細胞が正しく機能するために重要な役割をする必要不可欠なもので必須脂肪酸とされています。
オメガ3の3は、リノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸のことです。

血液中の脂質濃度を下げる働きがあり、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしたり、高血圧や動脈硬化、脳卒中を予防します。

又、ダイエットやメタボリックシンドロームにも効果があります。但し、体内では生成されないので食品などから摂取する必要があります。

多く含まれる食品には、青魚、緑黄色野菜、エゴマ油、しそ油、くるみなどがあり積極的に摂取するのが理想的です。

なかなか食事から摂取しにくい場合は、サプリメントも販売されているので利用する方法もあります。

オメガ3のおすすめには、クリルオイルがあります。参考:クリルオイル【サプリ】オメガ3で生活習慣